価値を深めるBrandingと、価値を伝えるPromotionを。

株式会社第一紙行

お問い合せ

女性ならではの観点での市場観測レポート 女*子*力 Report

世の中の消費たるもの、女性が鍵を握っている。

「お客様のその先のお客様」を見つめご提案させていただくには、女性社員自身が「女子力」をアップさせ、リフレッシュすることが大切。
第一紙行では、各支店の女性社員が集まり「女子会」を開催。担当している業務からしばし離れ、お菓子とお茶をいただきながら、時には社外に出てランチをしながら、自分たちに、ひいてはお客様に役立つ交流会を行っています。

■わたしのカワイイ!「カワイイと思うもの」を持ち寄って発表。  ■「いけばな」体験!京都メンバーが池坊さんでいけばなのレッスン体験。 ■Women's Trend Research女子会の内容は社内ポータルサイトにおいて発信。


女子力よなよな筋トレ

わたしの楽しみ、それはポテトチップス片手に撮りためたドラマを週末まとめて観ること、
お風呂の中でアイスを食べること、休日は二度寝・三度寝をしてごろごろすること。
 
そんな女子力ゼロのズボラなわたしの唯一の免罪符は、仕事終わりによなよな筋トレをすること!
 
もともとは富士山に登るべく体力づくりのために始めたジム通い。週に数回行けるときもあれば、ひと月に数回しか行けないときもありますが、もう5年以上細く長く続けている趣味です。
 
トレーニング最中の様子は暑苦しいのでとてもお見せできませんが、気分があがるトレーニングのお供と、トレーニング前のウォーミングアップの様子です。しっかりとストレッチをして、筋肉をほぐしてからいざトレーニングへ!

 

筋トレ中は、どこに負荷がかかっているか、呼吸の長さや回数のカウントをとることだけに意識を集中させるので、無心になれます。昔京都のお寺で体験した、座禅修行に似ていると個人的には思ってます!仕事終わりに、頭もからだもリフレッシュしています。
 
筋トレをしてよかったことは、
・姿勢の改善
・肩こり改善
・基礎代謝を上げることでのエネルギー消費アップ
・体温を上げて冷え性改善
・免疫力アップ       
など、さまざまでどれも女性のわたしにはうれしい効果!(※すべて個人の感想です)
 
せっかくならトレーニング効果が最大限になるようにと、からだに摂り入れるものにも気をつかうようになりました(ポテチとアイスは別腹です)。
トレーニング中は脂肪燃焼を、トレーニング後はたんぱく質摂取をするように努めています!ジュニアアスリートフードマイスターという、アスリートのための栄養学の資格までとりましたが、残念ながら料理の腕が・・・。今は市販のもので手軽にからだづくりをしています。


ストイックに我慢ばっかりするなんてできないので、これからも大好きなポテチやアイスやごろごろを続けるために、わたしは平日のよなよな筋トレを続けようと思います!


2018年5月

女子力ちょっと遠く

私の楽しみは「ちょっと遠く」へ出かけることです。

もともとインドアな性格で、適当にすごすのがらくちんなので
ふらっと非日常を味わえる「ちょっと遠く」が丁度よいです。

また、行く先々での出会いやハプニングも楽しみの一つです。

最近では、2月に行った愛媛が印象的でした。

季節も季節ということで、梅を見に行こうということになり
名所(?)で検索ヒットした梅津寺公園へ行きました。

人気の少ないローカル線で揺られていると


海が見えてきました。海だ~!
梅津寺公園は海辺のすぐそこにあったのです(知らなかった)。
丁度夕暮れどきが迫っていて、いい感じです。
場所も良く調べていませんでしたし、時間も狙っていなかった
そんなときに起こる「いい感じ」も、この無計画なおでかけが好きな理由です。

まずは梅を見に行こう!ということで、
これまた人気の少ない公園(私と友人以外は親子1組のみ)を散策していると


草むらの上に、小さな靴下が。

もしかしてと思ったら、
追いかけっこをしていた親子に抱っこされていた
赤ちゃんの落とし物でした。

早速お届けすると、


ありがとう~と素敵なショット。

そのあとは近くの海へ行きましたが


そこでも親子さんとばったり。
最後は手を振ってお別れしました。
梅を見にくるだけの予定が、何重にもうれしい思い出になりました。

ふらっと今までに行ったことのない
ローカルな場所に赴けば、
思いがけずいろんな人や出来事に遭遇します。

飲み屋に行けば、横のおじさんが恋愛相談にのってくれたり
おばあちゃんに道をきかれて、一緒に迷子になったり

その思い出ひとつひとつが自分の癒しや元気になって
次の自分を支えてくれます。

今度の行き先も実はふんわり考えています。
そこにある予想外を楽しみながら
これからも「ちょっと遠く」のお出かけを続けていきたいです。

2018年4月

女子力選んで楽しい!もらって嬉しい!

私にはたくさん持っているにもかかわらず
ついつい買ってしまうものがあります。
 
それはメッセージカードやポストカード、レターセットです。


友人や家族に誕生日やクリスマスの時
プレゼントやお菓子を渡すだけでなく
短くてもメッセージを添えるよう心がけています。
 
手書きで気持ちを伝えるだけなら
シンプルな便箋で十分だと思います。
 
ですが、真っ白な紙にただメッセージを書いたものより
可愛いデザインのものをもらった方が笑顔になると思いますし
相手にもらって嬉しいと思ってもらえたら私も嬉しいです。
 
それに書く側も、メッセージの内容だけでなく
どのメッセージカードに書こうかな?
このポストカード気に入ってくれるかな?
など相手のことを想って選んだりする時間が楽しいです。
 
メッセージを書く時だけでなく、どれに書こうかと
書くものを選ぶ段階から相手のことを考えているので
手書きにさらに想いがプラスされ
より伝わっているように感じます。
 
ただ、手紙を書く機会よりも可愛いレターセットなどに
出会う機会の方が多く、増えていくばかり。。。
これからはちょっとしたことでも
手書きで伝えてみようかなと思います。



2018年3月

女子力私の癒しスポット

私が学生の頃から癒されに行く、好きな場所は動物園と水族館です。
その中でも特によく行くのは「上野動物園」と「葛西臨海水族園」です。
 
上野動物園に好んで行く理由のひとつは、熊の種類の飼育数の多さです。
世界には熊が8種類いるのですが、そのうちの4種の熊(マレーグマ・ヒグマ・ホッキョクグマ・ジャイアントパンダ)を
上野動物園で見ることが出来ます。


熊が好きなので、上野動物園に行くとだいたい熊のエリアで時間を過ごします。
熊たちの、のそのそとした動きが魅力的なので見ていて飽きません。
 
葛西臨海水族園は、生き物の展示のされ方とイベントが魅力的でよく行きます。
葛西臨海水族園はマグロの大きな水槽が有名なのですが、
ペンギンのエリアと関東の海を水槽ごとに分けて再現したエリアが特に好きです。


こちらの写真はペンギンの展示スペース。
関東の海を再現した水槽は、水槽を真上から見ることも出来るので、違った視点で楽しめます。
 
また、イベントのチラシや景品が可愛らしくて集めたり、大学生の頃から動物園友の会に入っているので、
季刊で送られてくる会報誌を読んだりしています。



動物園と水族館になかなか行けない時はこれらを見たり、動物園水族館の公式twitterを見て、行った気持ちになっています。
また、職員の方々の広報の仕方に工夫が沢山見られ、販促物・宣伝の仕方が見ていて勉強になります。
 
毎回動物園や水族館に行くたびに生き物たちに癒されるので、今後も足しげく通っていきたいです。

2018年2月

女子力心のせんたく・・・

私の心のせんたく=リフレッシュは週一のゴルフです。
?十年前に友達に誘われ始めたゴルフ・・・紆余曲折いろいろありましたが、
今ではすっかり私の生き甲斐になってしまいました。


夏の暑い日だって、冬の小雪ちらつくような日だって、
私にとって友達との和気あいあいと過ごせる時間は心のリフレッシュ。
そして、また来週もよろしく~~!と言った時から
次の一週間が頑張れる元気の源になります。
 
余談ですが
ホームコースの途中になぜか鳥居があります。
この鳥居をよ~~~く見ると・・・・・・
誰が作ったのか?ゴルフボールでできた目玉おやじが座ってます・・・
なんともお茶目

 
雨の週末やまったり過ごしたいときは・・・たまに読書

時に好きなバンドのライブへ・・・
普段味わえない大音響に浸って・・・歌って、踊って、パワーを貰って!
 
そして最近始めた新しい趣味・・・・・・いつまで続くか・・・???

いろんな趣味のおかげで、たくさんの人との出会いや学びがありました。
ゴルフではルールやマナーはもちろんですが、
どんな時も一緒にプレイしている人にとって気持ちのよいプレイヤーであるように!と嗜めてくれた師匠。
この言葉はゴルフだけでなく、私にとって仕事や生活の中での心の礎になってます。
 
これからも大好きな趣味を通して人との出会いを大切にし、いろんな事を学んでいきたいと思ってます。
これからも細く長~~く自分なりの楽しみを持ち続ける事が私の心のせんたく。
そして明日も頑張れる活力源です。

2018年1月

女子力小さなともだち

集めているつもりはないのですが、
気がつくと増えているものがあります。

大きなひとみ、カラフルなヘア、かわいいお洋服…

私がついつい買ってしまうものは、お人形です。

お人形遊びは、いくつになっても楽しいものです。

最初はただただ眺めて楽しんでいたのですが、
最近は服を作ったり、写真を撮ってSNSに投稿したりと、
楽しみ方の幅が広がってきました。

 撮影用の家具や小物など、お人形サイズの小さいものを見つけると、
ついつい買ってしまいます。

無くさないように、いつも慎重にあそんでいます。

ドール関連の書籍も集まってきました。

私が集めているお人形は、カスタムをすることができます。

本を参考に、顔を削ったりペイントをしたり、ヘアアレンジをしたり…
緊張する作業ですが、世界に一体だけのオリジナルにリメイクすることができます。

そしてお人形遊びの醍醐味と言えば、やはり着せ替えではないでしょうか。

作家さんが制作されたお洋服を着せてみたり、
自分で服を作ることも楽しみの一つです。
 
本を参考に、浴衣を縫ってみました。
作るのと同じくらい、着せるのが大変でした。

自分ではなかなか着ることのない服も、
お人形で簡単に楽しむことができます。
 

気がつくと、こんなに増えていました…
タオルにくるんで、大切に保管しています。

幼い頃からずっと大好きなお人形遊びですが、
これからも色々な楽しみ方を見つけていきたいです。

2018年1月

女子力わたしの元気の源

わたしの元気の源は、
大好きな俳優さんをおいかけまわすことです。

舞台があれば、大阪まで観劇に行き、


ライブがあれば東京まで行き、


握手会があれば、滋賀県まで電車とバスを乗り継いで
会いに行きます。

 
うつくしいものを見ると心が洗われますし、
応援している俳優さんががんばっていらっしゃる様子を見ると
わたしももっともっとがんばらないと!という気持ちになります。

またおっかけ活動を通して、今まであまり行くことのなかった
劇場やライブハウスに行くことが増えたり、
見ることのなかったアニメをみるようになりました。
握手会の会場でお友達ができたこともあります。

これからも加藤さんの活動を応援しながら、
わたしの人生経験を増やしていきたいと思います。

2017年12月

女子力ひとりたび

大学生のころからの私の楽しみは、マイペースに一人で旅行をすることです。
学生時代はインドネシア、フランス、スウェーデン、台湾、それから国内を旅行してきました。

その中で、もう一度行ってみたい国はスウェーデンです。

スウェーデンでは、ダーラナホースという馬の置物で有名なダーラナ地方から、
首都のストックホルムの旅程で移動しました。

ダーラナ地方は自然が豊かで、湖や山がたくさんありました。

ボートを借りて湖に浮かんでいる写真です。

この湖は冬になると一面凍り、歩いて渡れるそうです。

野生のリスの写真です。

ダーラナ地方のファールンという住宅地を散歩していたところ、
庭の木を登ってドングリを集めていたリスに出会えました。

缶に入っているのは「シュールストレミング」というイワシの塩漬けです。

世界一臭い缶詰と言われています。ほんとにとても臭い。腐った魚の匂いがします。味は単体で食べると、とってもしょっぱいです。
現地では、薄いパンの上にじゃがいもと生のスライスした玉ねぎをのっけてサワークリームを塗り、たべます。塩気が効いていておいしいです。においに慣れると癖になるおいしさです!
ただ、食べた後はしばらく口臭がとてつもない。食べた後の缶の残り汁はトイレに流していました。

高速鉄道を利用して、ストックホルムへ移動すると、カラフルな色合いの建物が多く、
本の中の世界に迷い込んだような気分でした。


泊まる場所もその日に予約することが多いのですが、ストックホルム滞在中に宿泊したのはこの停留している船です。
中はゲストハウスになっており、男女混同の8人部屋に泊まりました。船は時折揺れることもありましたが、船の窓から見えるこの景色はとても美しかったです。


◇フランス旅行
フランスでは、パリ・リヨン・アヌシーを巡りました。


リヨンは「星の王子さま」の作者サン=テグジュペリの出身地でそうです。


赤い屋根のまちなみを見下ろすと古代にタイムスリップした気分です。リヨンはローヌ川とソーヌ川により三つの地域に分けられていて、旧市街と新市街の両方を見ることができます。地下鉄やトラムがひっきりなしに動いているので、観光しやすいです。

そして一番のお気に入りがアヌシーです。

ヨーロッパ1の透明度といわれるアヌシー湖。

地元の方は水着をもってきて泳いだり、浜でねそべったりしていました。私は水着をもっていなかったので、服のまま入りましたが、底まで透けて見えるほどの透明度で、砂も細かく、まったりくつろぐことができる湖でした。

アヌシー湖を超えて山を登っていくとアヌシー城へ行けます。そのままぐんぐん登ったところに宿を取っていたのですが、周りにはお店が一切なく、タクシーも通ることがなく…。歩き疲れても歩き続けなければたどり着かないつらい思い出です。


たどり着いた宿はとっても静かで、周りには人よりも羊のほうが多い自然豊かなところでした。
近くにはパラセーリングのお店があり、早速申し込み、パラセーリング体験をしました。


20分ほど説明を受けて(フランス語なのでよくわからない)、山の頂上付近まで車で移動。
丘の上から出発します。

アヌシー湖を見渡しながら、風を感じる30分でした。
通常は、1週間ほど前に予約が必要だそうです。
飛び込みで体験予約するひとは珍しいらしく「クレイジーガール」とインストラクターたちに陰で呼ばれました。


いろんな思い出ができた旅行でした。
これからもいろんな国に行ってみたいです。

2017年9月

女子力細く、長く

学生の頃、部活動で茶道を始めてから社会人になった今でも縁があって続けています。
週に2回あった部活動も、社会人になってからは月に一度のお稽古となりました。

1カ月も経つと前回の記憶がほとんどないため、最近は予習と復習を兼ねて、少しずつ本を集めるようにしています。
その時々のお稽古内容に合わせて購入したり、本屋さんでぶらぶらしているときに気になったものを手に取ってみたり。

毎回、自分が分かりやすいと思ったものを買うので出版社も著者もばらばらですが、全部読みやすくてお気に入りです。




この間は、前から欲しいと思っていた着物の本をついに購入しました。
友人から教えてもらったリサイクルショップで着物も安く揃えられたので、さっそく本を見ながら練習をしています。
まだ慣れなくて、一人で完璧に着れる日は遠いかもしれませんが地道に頑張ります。

集めた本は綺麗なまま仕舞われておかないように、これからもしっかり活用していきたいです。着物もお道具も大切に使って、いつか自分に馴染むようになったら素敵だなと思います。


茶道の先生に「お茶は細く、長く続けていきましょう」とよく言われます。
その言葉の通り、月1回のお稽古でも、長く長くこの先も続けていけたらいいなと思います。

2017年8月

女子力my cooking

毎日の楽しみの一つである「食事」!!
”を“”くする事。
 
幼い頃から祖母の料理を手伝うことが大好きで
火の扱いも5歳の頃からしていました。←早い?!?
 
中学生の頃からレシピを集めたり、家庭科の教科書を読み込んだり・・・(読書が苦手な私ですが)
スーパーに置いてあるレシピをもらってノートにまとめたり、
レシピを検索して手書きでノートにまとめたり・・・
主婦っぽいことをすることが好きでした。(笑)
この写真は今までに集めた料理本などの一部です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

料理はずっと好きですが最近のmy cookingのスタートは
2つのパターンに分かれます。
 
パターン1: 食べたいものを決め、それに合わせて買い物する。
パターン2: その時の安い食材を買い、それでできるものを作る。
 
パターンを選択するのは気分です。(笑)
ちなみに、ボンビーガールの私はパターン2が多いです。(笑)

そんな私の最近作ったいくつかのごはんと自己流ポイントをご紹介します。

(左)筑前煮風の煮物×お吸い物×卵焼き×ごまオクラ
(右)なすグラタン×ホットサンド×グリル野菜×ポテトサラダ×具だくさんコンソメスープ


 (左)そーみんチャンプルー×ささみカツ オリジナルわさびソース×ナッツサラダ×ポテトサラダ×肉巻卵煮
 (右)梅じゃこ蒟蒻パスタ


 (左)おからハンバーグ(オリジナルトマトソ-ス)
 (右)鯖と白菜のチャーハン×グリルチキン×白菜と豆腐のスープ


 (左)煮魚(鯛)×ごぼうとにんじんの和え物×ほうれん草のおひたし×お吸い物
 (右)春野菜の素揚げ×牛ごぼう×卵焼き×ひじきの煮物×きゅうりと昆布の和え物×めかぶ


 (左)和風あんかけ豆腐ハンバーグ×きゅうりと昆布の和え物×コンソメースープ
 (右)五穀米カレーライス×無限ピーマン×ワカメスープ×サラダ
 
 
自己流ポイントとしては・・・

【1】下準備をすること!
(生姜焼きを作るとき写真のように自作の醤油麹でお肉をつけておいたりもします)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【2】料理の素は絶対に使わない
(基本は出汁、醤油、みりん、酒)
 
【3】色合い
(食欲のわく色合いにする)
 
【4】野菜を使う
(野菜は健康的に必要不可欠!)
 
これがmy cookingです♪
 
そして・・・
最近のマイブームは「カレーフレーク」です。



KALDIやスーパー、セレクトショップに売ってあるカレーフレークで作るカレーは
よく使われている固形のルーより美味しくできる気がします♪♪♪
 
一般的におうちで食べるカレーはたまねぎ・人参・じゃがいも・お肉が入っているイメージですが
最近、じゃがいも無しのカレーが好きになりました。(じゃがいもは炭水化物ですしね・・・笑)
 


夏だということもあり夏野菜を使ったカレーにドはまりしてます!!

 
これからも飽きるまでカレーフレークを集め、季節の野菜で作っていこうと思います♪

2017年7月